So-net無料ブログ作成
ウォッチングChina大気汚染 ブログトップ
前の3件 | -

今年も空気汚染400超え!中国で売れまくるプラズマクラスター空気清浄機 [ウォッチングChina大気汚染]


 
日本から無事帰って来ました。バタバタして更新が遅くなりました。
毎日忙しくしていたのですが…ここでストーップ。
今年も空気汚染度数急激アップで、強制的ストップが入りました。
 
 IMG_1368.JPG
 
                 うちから見たお空。わーステキ。 

普通日本のPM2.5は普通20とか、ひどくて50くらい。
中国で空気が悪いねーというのは100以上くらいなんですが…
ここ2,3日は朝から恐怖の 300 超え…夜は400超えです。もう意味わからん。
 
 
 
 12463131R-0.jpg
 
重度汚染の上ランクの、有毒ランクですよ。
喉がすぐ腫れるし頭イタい…(涙)
ついに今年も災害粉塵用マスクを装着せねばなるまいか…ううう
(鳥のクチバシみたいで目立つんだもん。いつもはPM2.5用の普通仕様マスク)
          SH2950V(山本光学)弁付N95マスク
最近はこんな大げさじゃない、普通仕様で優秀なPM2.5対応マスクがあるのご存じですか?
  >>楽天でPM2.5対応マスク一覧を見る

しかし中国人はほんっとにマスクしない!
以前にも
「中国人はなんでマスクしないん??」とゆー記事を書きましたが…
今年もやっぱりあいかわらずのんびりしてはります。
だから外国人マスク率が目立つのです…


ちなみに中国では今年もシャープのプラズマクラスターが売れています。
中国人が空気清浄器の比較実験したら、プラズマクラスターがダントツの1位!
PM2.5をたちまちゼロにまで下げる結果に中国人もビックリ。
浮遊ウイルスの作用を抑え浮遊カビ菌等を空中で除去美肌脱臭効果もあります。

うちでも大活躍…なんだけど、スイッチ入れた時は
ランプがオレンジ~赤色!!
1280910078410.jpg
 

ということでプラズマクラスターが激売れ中の中国ですが、
プラズマシリーズって、色々出てるんですね。
ちっちゃくて便利なアイテムもあったので、
次回はプラズマクラスターシリーズまとめです。

…しかしアメリカ大使館の大気汚染指数は、最高指数が500のハズなんだけど…
残りナンボもないってどんだけよ。
  まさに中国カオス…まだまだ続くよσ( ̄∇ ̄;)

明日は雨が降るらしいので、雨と風でぜーんぶ流してくれちゃうことを祈るばかり…
 
 
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

中国大気汚染2014:大気汚染が続く北京市、ウクライナなどとともに世界的な“観光警告地”に [ウォッチングChina大気汚染]


 10235627_鶏ガラ.png
 
2014年2月27日、新疆経済報によると、北京市など中国北部で深刻な大気汚染が続いていることについて、米国国立気象局は「汚染は中国東部、北部、中部で続き、雨や風の影響で拡散されていくだろう」と予測している。 

ウィキトラベルの旅行情報によると、濃いスモッグに覆われた北京市は、デモが起きているベネズエラや衝突が起きているウクライナなどとともに、世界的な観光の“警告地”となった。警告では「北京市は危険な白い大気汚染物質に覆い隠されている」とされている。 

米国国立気象局によると、北京市中心部のPM2.5の値は1立方メートル当たり444マイクログラムに達しており、WHO(世界保健機関)の定める25マイクログラムの安全基準を大幅に超え、高い状態が続いている。(翻訳・編集/北田) 
 
 

…っていうかもう既に世界的な生活の”警告地”ですよね。

隣国の日本や韓国では、もう毎日のようにニュース報道され、
国民はマスクや清浄機を買い求めていますが、中国に戻ってくるとマスクをしてる人は3分の1もいない…
 中国人の最大の謎です…

   被害地ど真ん中なのに!
   なんでみなマスクをしないんだ!!
 
…次回はそんな中国の3大不思議の一つ(うそ)、
   大気汚染に住む中国人はなぜマスクをしないのか?
について詳しく検証していきます。
 
 
  記事を読んで面白い~と思って下さればクリックしてね。
  1日1回だけでいいのです。
  ランキングに反映されますので…。
     にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
         にほんブログ村 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

中国大気汚染2014:毎年90万人の障害児が誕生する中国、環境汚染が大きく影響 [ウォッチングChina大気汚染]


 
 kid0060-009-300x200.jpg
 
毎年90万人の障害児が誕生する中国、環境汚染が大きく影響

 

2013年5月7日、中国では大気汚染が深刻で、多くの人は健康への影響を懸念している。
先月米ハフィントン・ポストは記事で、「米健康影響研究所(HEI)によると、2010年に中国で大気汚染が原因で亡くなった人は、約120万人。屋外大気中の粒子状物質(PM)が、食事、高血圧、喫煙に続く寿命を縮める要素となっている。

中でも、子どもの肺は発育段階であり、呼吸器の防御系統も未成熟。さらに屋外で活動する時間も長いとあって影響が大きい。また、老人も体が弱っているため影響を受けやすい」と伝えている。 


中国のネットユーザーはこのほど、「中国では障害児の出生率が増加している。現在の割合は全体の5.6%で、1996年の0.87%に比べるとその差は歴然だ。世界保健機関(WHO)は、障害を持った新生児が高確率で生まれる国に中国を認定している。中国ではこのような新生児が毎年90万人も生まれる。実に恐ろしい数字だ。新生児が生まれながらにして障害を持つ原因として、遺伝と環境が大きくかかわっている。専門家は、水や空気、食品など、新生児に障害をもたらす可能性が高い問題が中国に溢れかえっていることを嘆いている」と発言した。

 

 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の3件 | - ウォッチングChina大気汚染 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。