So-net無料ブログ作成
中国 なんでもランキング ブログトップ
前の3件 | -

世界平和度指数ランキング2013 日本は6位に降下、台湾26位、韓国47位、中国101位 [中国 なんでもランキング]

 

 さてさて今日のお題は「世界平和度指数ランキング」。
 毎年1年の経済・治安を元に発表されているんですが、今年の日本・中国、
 そして最近の話題国はどんなランキングになっているのでしょう?
 

世界平和度指数(GPI)の2013年度版ランキング発表

 2013-06-11-global-peace-index.png

  世界平和度指数とは世界のイギリスの新聞エコノミスト紙がデータをまとめて発表しているもの。制作は経済平和研究所(IEP)で、世界162か国の国内外の紛争や安全社会の治安軍事化を22件の個別指標を考慮し測定している。
 治安がよくてもテロに巻き込まれるリスクや、深刻な人権問題があると数値は下がる。

  昨年5位だった日本だが、尖閣問題の影響で1ランク下げている。

また、世界的に殺人が急増、GDPに占める軍事支出の割合が増加した国が59か国に増え、過去6年間で最悪の5%低下となった。

110か国で平和度が下がり、上昇したのはわずか48か国だけだったという。

発展途上国での都市部への人口移動は世界の殺人件数上昇の主な原因になっている、とIEP創設者で執行会長のSteve Killelea氏は言う。これは暴力犯罪の増加の原因ともなっており、警察が都市のスラムに住む人々の信頼を得ることは不可欠で、そのために警察の汚職の解決が大事な第一歩となる、と同氏は述べている。

特に内乱に突入したシリアはGPI史上最大の低下となった。また、メキシコの麻薬戦争での死者はイラクとアフガニスタンの紛争時の2倍にも及んだという。

反対に、国家が後援するテロと、暴力的なデモの可能性は改善が見られた。

アジア太平洋地域では平和と治安の向上がさらに広がり、日本、ニュージーランドのほかにオーストラリア、シンガポールもトップ20入りしている。ただ、この地域全体では近隣諸国との複雑な対立関係がみられる、とレポートは指摘している。

GPIは2007年から提供されているが「6年間のデータの変化は、紛争は時として短期間で発生することもあるが、平和度の向上はゆっくりとしたもので、平和の柱として知られる平和な社会を支える態度、機関、および構造を強化することで、長期的に助成しなければならないことを示しています」とKillelea氏は語る。

アメリカは意外に低く99位。これは世界を敵に回しても勝てるといわれるほどの軍事力によるもの。軍事費が突出し過ぎているため、評価が下がっているわけだが、日本をはじめ、アメリカのおかげで軍事費が抑えられている国も少なくなく、正確性を疑問視する声もあるという。    
  
 
順位
国名称単位: 指数前年比種別地域
1位  アイスランド1.16
ヨーロッパ
2位  デンマーク1.21
ヨーロッパ
3位  ニュージーランド1.24
-1オセアニア
4位  オーストリア1.25
+2ヨーロッパ
5位  スイス1.27
+5ヨーロッパ
6位  日本1.29
-1アジア
7位  フィンランド1.30
+2ヨーロッパ
8位  カナダ1.31
-4北米
9位  スウェーデン1.32
+5ヨーロッパ
10位  ベルギー1.34
+1ヨーロッパ
      

99位  アメリカ2.13
-11北米
99位  パプアニューギニア2.13
-6オセアニア
101位  中国2.14
-12アジア
 
154位  北朝鮮3.04
-2地域アジア
155位  ロシア3.06
-2ヨーロッパ
156位  コンゴ(旧ザイール)3.09
-2アフリカ
157位  パキスタン3.11
-8アジア
158位  スーダン3.24
-2アフリカ
159位  イラク3.25
-4中東
160位  シリア3.39
-13中東
161位  ソマリア3.39
-3アフリカ
162位  アフガニスタン3.44
-5中東

ランキングが長すぎるので、上位と最下位を中心にピックアップしてみました。
 詳細が気になる方は下のサイトまでアクセス↓ 

 参照:http://irorio.jp/eika_k/20130613/63634/

 

現在WORLD LIVE中国部門3位。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   旅行・観光ガイド たびすまいる 

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

【実録中国の生活費2】都市部で子供1人育てるには3300万円必要?:夫婦飲まず食わずで給料20年分 [中国 なんでもランキング]

 
 
いつも見に来て下さってありがとうございます。
 
ここ2日ネットの調子が悪くて、ついに今日業者に来てもらいました。
「外国語のパソコンなんて、設定わからないよーっ」て言ってる業者のお兄ちゃんに、
「大丈夫!基本は一緒だから、キミならきっとできる( ̄▼ ̄*)!
なんて、おだてて励まして、なんとか開通しました。
中国の兄ちゃんはみんな褒めたら伸びる子なのだ (笑)

さてさて今日のお題。
ここでもアクセス数が高い、実録中国の生活費シリーズです。
以前の記事:
   「実録中国の生活費、貯金が340円しかできない?!」  
 
 
中国で子供を1人育てるには、いくら必要なのでしょう。
中国のミニブログ・微博では去年、
「子供を育てるコストが高い中国の10都市」と題する投稿が話題になっています。
              u=3180274284,2420294830&fm=11&gp=0.jpg
 
同ランキングによると、北京や上海などでは、
1人の子供を育てるのに、200万元(約3300万円)以上必要で、
夫婦2人が飲まず食わずで20年以上働かなければならない金額になっているそうです。 

同ランキングの1位は北京市で、養育コストは276万元(約4549万円)
  上海市247万元(約4071万円)、
  広東省深セン市216万1000元(約3561万円)、
  広東省広州市201万4000元(約3319万円)、
  浙江省杭州市183万2000元(約3019万円)、
  江蘇省南京市170万1000元(約2803万円)、
  湖北省武漢市160万6000元(2647万円)、
  山東省青島市152万6000元(約2515万円)、
  陝西省西安市142万5000元(約2348万円)、
  吉林省長春市131万5000元(約2168万円)と続いた。 

同ランキングは、夫婦共働きで得られる給料と養育費の対比も記しており、
北京市の場合は、夫婦2人が飲まず食わずで23年間働かなければならない。
そのほか、上海市は同20.58年、
  深セン市は同18年、
  広州市は同16.78年、
歯医者.jpg
  杭州市は同15.27年、
  南京市は同14.18年、
  武漢市は同13.3年、
  青島市は同12.72年、
  長春市は同10.96年となっている。   
  西安市は同11.88年、

◇子供一人を育てるのに必要なコストが最も高い北京市の内訳は以下のとおり。 

(1)妊娠時の栄養・食事管理に必要なコスト1年で約4万元(約66万円)
(2)出産前後にかかる費用(検査や手術を含む)約1万元(約16万円)
(3)出産後から1カ月間にかかる費用約1万元(約16万円)
(4)学校に通い始めるまでの6年間日用品の費用
  
(粉ミルクやオムツ、補助食品、果物、服等)
約30万元(約495万円)
(5)学校に通い始めるまで6年間の教育にかかる費用
  
(早期教育、医療、玩具、家政婦など)
約72万元(約1187万円)
(6)学校に通い始めるまでの6年間のその他の費用
  
(保険、旅行など)
約12万元(約198万円)
(7)7歳から大学卒業までの教育費
  (通常の学費や通常外に学校に支払う費用、
   
校区外の入学希望校に入るための択校費など)
 コネがあれば約60万元
 (約990万円)で済む
(8)7歳から大学卒業までの教育に必要なその他費用
  
 (文房具や塾、家庭教師、習い事など)
   約48万元(約792万円)
(9)プレゼントや生活費、そのほかの費用 16年間で約48万元
 (約792万円)
         子ども一人にかかる養育費総額276万元(約4552万円)
   
 
◇ネットユーザーは賛否両論 

同ランキングには、ネットユーザーから、「このデータには度肝を抜かれ、目を丸くするしかなかった」と驚きを隠せない声や「このランキングはとても価値がある。今後負わなければならない責任がどれほど大きいかを教えてくれている」との声が上がる一方、「子供1人に本当にそんなにかかる?私は絶対信じない」など、懐疑的な声も多く寄せられている。 

また、「この計算の仕方は、教育につぎ込むお金が多すぎで、養育コストの大部分を占めている。一般家庭すべてがそのようにできるわけではない。『択校』などを考えなくていいのなら、義務教育の段階ではそんなに多くの費用はかからない」と否定的な声があがる一方、
「現在、いい学校に入るのはますます難しくなっているし、費用も高騰している。いい学校に入るために、コネを利用するならお金がかかるし、数万、十数万なんてお金はあっという間に消えていく」とする声もある。 

このように、同ランキングには賛否両論が上がっているものの、「子供を育てるための経済面での負担は大きく、回避できない」という意見には同意する人がほとんどだ。
 
 
すごい…すごすぎる…
ちなみに日本の養育費は幾らでしょう…??

「AIU現代子育て考」(2005年)によると、
出産費用も含めて22年間での養育費は、トータルで約1,640万円(教育費抜き)

出産・育児費約91万円
22年間の子どもの食費約671万円
22年間の子どもの衣料費約141万円
22年間の子どもの医療費・理美容費約193万円
22年間のおこづかい・レジャー費約469万円
22年間の子どもの私的所有物代約93万円
 

幼稚園から大学までオール公立の場合の教育費は1,000万円
オール私立の場合なら教育費として2,000万円なので、
22年間の養育費+教育費(公立)で2,640万円
22年間の養育費+教育費(私立)で3,640万円となります。

教育費は同じくらいですね。しかしなんせ日中の物価の差があります。
日本人平均収入450~500万円に対し、
中国人は政府機構関係者の全国平均約55万円(42,452元)
地方に行くと30万円とか平均を下回ります。
…日本人のほぼ10分の1??
 
 
           2aadfc79e73803505e23-M.jpg 
 それを考えると子供の養育費がいかに高額かを知ることができますね。
前回の「実録中国の生活費、貯金が340円しかできない?!」でも検証しましたが、
本当に生きていくのが大変な社会なのです…
 

参考になった!と思っていただければクリックお願いします。
ブログランキングに参加しています。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

<生活費の高い都市>アジアでは東京トップ、北京は2位 [中国 なんでもランキング]

 

u=168740064,936233567&fm=23&gp=0.jpg

 

 2013年12月5日、仏AFP通信によると、国際人材コンサルティング会社ECAインターナショナルが発表した、世界の生活費ランキングにおいて、
アジアでは東京がトップ、2位は北京という結果になった。
 

このところ続く円安のせいで、東京は昨年の「世界で最も生活費の高い都市」1位から10位に下落。しかしアジア地域では依然として最も生活費の高い都市にランクされた。

今回2位に浮上した北京だが、
 ・中国・人民元が対ドルで穏やかに上昇を続けているうえ、
 ・中国の物価が上がっていること、
 ・さらに円安という要素が相まったためと分析している。 


そのほか、アジアで最も生活費の高い都市は、

   1位…東京
   2位…北京
   3位…名古屋
   4位…上海
   5位…横浜
   6位…ソウル
   7位…大阪
   8位…香港
   9位…シンガポール
   10位…広州

という結果に。中国は、上海より北京が上位なのか…
年々生活費が高騰している中国なのであります。
去年は家賃が500元/月上がったし、今年の7月の更新時はまた上がるのかな…ドキドキ。

 
 出典:http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80202&type= 

 

現在WORLD LIVE中国部門3位、たびすま4位!
Ctrlを押しながらクリックすると、ランキングページが表示され投票完了です。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ   旅行・観光ガイド たびすまいる 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の3件 | - 中国 なんでもランキング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。