So-net無料ブログ作成
検索選択

中国で事故りました3 中国人の交渉術から学ぶ [医療・病院・海外保険]

 
いつも見に来て下さりありがとうございます。
ここのところ多忙&日本へ帰国のため更新できていませんでした。
下書きで作成していたのですがブログを開く時間もなくて… 
中国事故りましたシリーズ最終編を更新します。
 
前回は正しい中国での事故処理方法でしたが、
事故の時には残念ながら正しい事故処理方法を知らなかったのと、
相手が身分証もお金も全然出そうとしなかったので、シビレを切らした私は 
まぁ大きな外傷も無かったので、通報せず現地で薬&湿布の代金
50元(1000円程)くらいをもらって示談にしました。
 
でもよく考えるとかなり吹っ飛んだので、ムチ打ち症状の心配があったんですよね。
(冷静になって考えるとすぐわかることなのに、その時はそこまで考えが及ばなかった) 
軽くむち打ち症状が首に出ていたので、今回日本に帰って整体に行くと、
 ・首のむち打ち
 ・尾てい骨のゆがみ
 ・手のひらの捻挫
があり、きっと事故で吹っ飛んで尻持ちを付いた時に、首・尻・手にダメージがあったようです。
治療費に6,000円かかったので、やっぱり治療費全然足りないやんっっ!!
という悔しい結果に終わってしまったのでした。 
 
 前回は事故に関する法律について取り上げましたが、
 最終回は事故時の中国人の友人の交渉術・地元で生き抜く知恵をまとめてみます。
 
                     秀水TOP.jpg 
 
 

 示談検証1:「警察に通報するわよ(怒)!」を交渉の材料に使ってた。    

  うーん私だったら何番に電話してらいいのかも分からんっ(;´Д`A ハッ

  中国に5年もいるのに…(恥) 中国在住の皆さん、
  いざと言う時のためにちゃんと携帯に登録してますか?
 

        ・ 公安局:110
      ・ 消防: 119
      ・ 交通事故:122
      ・ 救急車:120/999
      ・ 番号案内:114
      ・ 在中国日本大使館:010-8531-9800 

 示談検証2:主張はハッキリ・シッカリ・大声で主張すべし。           

   対応してくれた友人は、普段は理知的で礼儀正しい温和なお姉さんですが、交渉ごとは
   ホントに「私のためにケンカしてくれた」と表現できるくらい、しっかり大声で主張してくれた。   
   
大声で激しい主張を30分…私だったら息続くかな…(((;;Д;;)))カタカタ

                  バイク2.jpg 

 示談検証3.交渉条件は、相手の出方を見ながら決めて行った      

  交渉材料としては    通報する
            ②身分証提示して後で請求、会社に直接交渉する
            ③病院に一緒に行ってもらう
            ④この場で弁償

  弁償額・慰謝料(中国語赔款pei kuan/精神损失费jingshen sunshifei)も最初相場がわからず、
  「あなたが決めなさい」「病院行くなら300元以上」「湿布と薬代で50元」と変化しました。
  
  最初っから明確な交渉基準があればいいけど、今回のように賠償額など微妙な時は、
  相手の出方を見ながら交渉するのかーっ、と勉強になりました。
  前回の記事、中国で事故りました2でも指摘されていたように、日本に比べて賠償金は低いので、
  無理な金額を提示しても、いつまでいっても平行線だったり火に油だったりですもんね…

 示談検証4:今回はある意味、加害者の粘り勝ち                

  加害者男性の言動を見て、今回むちゃくちゃ腹立ったんだけれど、結果的に彼に有利に物事が
  進んだとしか言えません。

 ①結局50元以上手持ちがあったのに、「20元しかない」の一点張り。   
   
      その時は私も、人を突き飛ばしておいて20元かよ!って本気で見下したし、
   私なら相手が痛がってたら心も痛んで「50元くらいで相手も気が治まるなら」と思ってしまいますが、

   ここは中国。
       自分が最初に提示した価格以上は結果的に払うことになるので、
   何事も打倒と思うところより
低い金額から交渉を始めないといけないんだな、と改めて思いました。
   …ただ20元から一向に上げない彼を心の底から軽蔑したけども。

   人道を取るか、金を取るか。 
   スピーディー解決を図るか、納得行くまで争うか。
   難しいところです。

 ②身分証と連絡先を提示するか否か。                     
  
     彼が身分証や携帯を出さなかったのは結果的に正解だったと思う。
 
  何言っても絶対出さなかったので、上記のごとく心の底から軽蔑したけれど。
  しかし、もし今後私がむち打ち症状が出て治療費が発生した場合、 
  連絡先があればきっと追加請求すると思う。

  これが骨折とか重症だったり、通報したり警察が絡んでくると別だけど、状況を見て軽い接触事故なら
  その場で現金解決して1回きり”ってのが一番賢いのかなーなんて達観の境地です…
 

 いかがですか? 私も今回の事で本当に勉強になりました。
 そしてむち打ち予防休養で一気に記事が書けました。
 
 
 ってかネットで検索しても中国で交通事故起こした事例なんて全然出て無いんだけど、
 他にもそんなケースに遭遇した方はどうされてるんだろう…
 何か情報があればコメントに残して頂ければ嬉しいです。 
 
 
  ブログランキングに参加しています。
  あなたのクリックがランキングに反映!
  何かの参考になれば、最後にクリックお願いします。 
     にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
        にほんブログ村
 

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 1

パン

はじめまして。私も昨日事故を体験しました。記事を書いてzenbackの関連する記事に表示されたので拝見させていただきました。
私の場合は当て逃げされまして、相手方は赤信号無視だったため逃げたんでしょうね。傷はかすり傷だけで済みましたがムカつく気持ちでいっぱいです。
で、本日警察に渡された指定場所に行く事になりました。自分一人では心細いので知り合いの方について行ってもらいます。
警察は道路にカメラは付いているが機能していない場合もあると言っており、このまま損する状況が目に見えているようですが。
体が無事だったから言えるのですがブログネタになったなぁと。
お互い事故には気をつけましょう。
by パン (2014-04-06 11:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。