So-net無料ブログ作成
検索選択

現地から抗日デモの様子を。 [ウォッチングChina日中]


日本でも報道されている、ここ数日の抗日運動。
9月11日 日本政府が尖閣諸島の購入を正式に契約し、
中国人の怒りが頂点になった週末...(;´Д`)

「反日デモは15日、北京の日本大使館前で参加者が2万人を超え、1972年の日中国交正常化
以降、最大規模に膨らんだ。湖南省長沙市など3都市でも1万人規模のデモが発生し、
全国のデモ参加者は少なくとも28都市、計7万人以上に上った。(←80都市に増加!)
満州事変の発端となった柳条湖事件から81年となる9月18日を控え、
各地で日本料理店や日本系スーパーなど破壊される被害が
あちこちで起き、今後も
デモの拡大が懸念される情勢となってきた」


北京の大使館前のデモの様子。



蘇州、青島その他の地域では日系スーパーなどがかなりの被害に。
今年開店したばかりのジャスコにもすごいデモ隊が…



ジャスコのガラスは割られ、店内もぐちゃぐちゃに。
…ここは何時代?どこの国?!






かわいそうなことに、中国人経営の日本料理店とか、日本車とかまで
こんな被害に遭うので↓



みんなどうするかっていうと、↓↓




店をやられないように国旗掲げたり、日本車にも愛国ステッカーを貼る。
「店は日本だけど、心は中国人」ってアピールする。
ほんっと、いい迷惑だよね… かわいそう


ただ、今回の反日デモの暴徒化、皆が賛同してるワケではない

ということは日本の皆にも知ってほしい。
そんな野蛮な行動に出るべきではないと嘆いている中国人も多くいるんです。

こんな状況なので大使館から日本人に警戒情報が掲示されています。
例えば、


 ○不要不急の用務で当館(或いは各総領事館)に近づかない 
  (当館にご用がある方は、念のため事前にご連絡ください)

 ○一人での夜間外出は控える。 
  (また、酒場、ディスコ等夜間人が集まる場所は避ける。)

 ○昼間であっても、周囲に注意し、日本語で大声で話をする等は控える。

 ○できる限り一人でタクシーに乗車しない。

  (日本人の乗車拒否等が散見されております)


これまでも色々抗日運動の報道はありましたが、それはホントにごく一部のことでした。
4年ほど滞在してるけど、会う人はみんな友好的だし、「国と個人は別だよね」って。

でも今回は私の周りの人達も
「今回はちょっと違う・・・(危険)と言っています。
色んなところの友達もデモ隊見てちょっと怖かった…と言っています。
しかも今は中国語あんまり話せないルームメイトだから、
彼らは外国人ってすぐにバレてしまう。



 しばらくは何人?って聞かれたら…
 「はんぐおれん」(韓国人)って言おうかな

警官配備も厳しくなり大きな被害は日ごとに減ってはいますが、
しばらく警戒しながらの生活が続きそうです…


最近の中国国民の反日感情が気になる人へ。
この時期に手に取ってみたくなる本。

そうだったのか! 中国 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)


評価:「「数ヶ月に1度は読み返したい中国本!!入門書として必読です!! 」




それでも中国で儲けなければならない日本人へ

評価:「まず、この本のタイトルのインパクトの強さに目を引きました。 
    この本に出合えて本当によかった。と実感しています。」



   いつもクリックありがとうございます。
   現地の状況の参考にしてもらえれば嬉しいです。
       ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ




タグ:抗日運動
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

大変だったでしょうが

>> 「はんぐおれん」(韓国人)って言おうかな

やめてください。
韓国にも迷惑だと思います。
もし、逆の立場で韓国の人に、日本人と偽られたと知ったら、どう思いますか。
堂々と日本人と名乗れないのであれば帰国すべきです。

また、国有化は東京都の購入を阻止する為のもので、緊急だったので中国との調整が出来なかった、日中安定の為の行いだったと、なぜ現地の中国人に説明しなかったのですか。逃げ惑うだけで、日中相互理解に努めようとしないどころか、自分勝手に韓国人だと名乗るとか、何人以前に貴方が人間として、どうなのかを、もっと良く考え、もっとしっかりして下さい。失礼ですが、貴方は外国で暮らす人間としては弱過ぎます。帰国した方が良いですね。
by 大変だったでしょうが (2016-09-27 07:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。